会社にある住所つき印鑑

イメージ画像

会社で印鑑というと実印や銀行印や角印などを思い出しますが、一番多く使っているのは実は会社の住所印ではないでしょうか?どの印鑑を押すにしても、住所は手書きで書く人はほとんどいませんよね。様式などが決まっていれば尚更、会社の住所印は必要です。いろいろな部署の人が比較的使いやすい印でもありますよね。印鑑は経理や総務課でしか使われませんが、住所印は全部の部署が必要としています。会社に勤めたことがある人なら、会社の住所印のありがたみを分かっていると思います。

同じフロアーだったら一つで足りますが、違う階だったり部署が違うビルの場合はその場所の住所印が必要になってきます。印鑑も大切ですが、住所印も大切な印鑑の一つだと思います。

会社は本当にいろいろな印がありますよね。同じ住所印でも住所や電話番号会社名を別々に切り離して使えるタイプもありますし…。その場合だと代表取締役が変わった時は、その変わった印鑑だけを作ればいいので便利ですよね。

昔は値段も高かったと思いますが、今はだいぶ安くなりましたよね?用途に合わせて、会社でもいろいろなタイプの住所印を置いていると思います。

私はいろいろな会社で働いてきましたが、印鑑を大事にしている所はやはりきちんとしています。印鑑箱の中がゴチャゴチャの所は、会社の社風も事務所も箱の中と同じように思います。印鑑の扱いで、会社の人達が会社をどう思っているのかが分かる気がします。

長く、派遣でいろいろな会社で働いたことがあるせいですかね?



~人気サイトをご紹介 ~

〔オリジナル表札が最短翌日出荷!〕

表札のスピード納品ならハンコヤドットコム表札館。
最短翌日出荷のスピーディな対応、丸三タカギの高品質表札が低価格に選べます。
玄関をおしゃれにしたい、個性を出したい、とお考えの方にはオススメのサイトです。

このページの先頭へ