法人印の重み

法人印イメージ

法人の印鑑の種類はどれぐらいあるのでしょうか?三種類ですか?実印・角印・銀行印ぐらいだと思うのですが…。

企業にもよりますが、営業所や支店がある所はその場所にも印鑑は存在しますから、種類と言うより、印鑑の数は何個ではないですよね…。
営業所や支店だと所長や支店長が変わればその都度、印鑑を改印しないといけなくなりますから大変ですよね。

私は、大企業で働いたことがないので分かりませんが、営業所や支店の印鑑は本社で作るんですか?
それとも各々の責任者が作るんでしょうか?ん…分かりませんね。

確か、営業所の通帳は所長の名前だった気がしますから、何回も変われば変更の手間が掛かりますね。
支店があるクラスの会社も同じだと思います。
私が働いたことのある、営業所は銀行印しか無かったですね。大きいお金の動きは、確か全部本社で処理していました。

法人の印鑑の種類は企業によって違いがあるのでしょうか?法人印を任せられる人は、責任者クラスという事になります。

昔から印鑑はありますが、法人の印鑑はこだわりとかありますかね?
よく個人だと、開運とかで印鑑セットみたいな広告などよく目にしましたが、今は昔ほど広告も入ってきませんね。

今の時代は、何をするのもインターネットになってきています。今、若い人は新聞を取っている人は少ないと思いますよ。
携帯やパソコンで最新のニュースがすぐわかるようになったからです。印鑑の重みも昔と今とでは全然違うのかもしれませんよね。

ページの先頭へ